風営法について


アダルトサイトの運営で気になるのが風営法です。
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の略称で、幅広い業種が対象となっている法律です。
弊社が制作を依頼される業種で必要となる主な届出が「映像送信型性風俗特殊営業」「無店舗型性風俗特殊営業第1号」「無店舗型性風俗特殊営業第2号」です。
映像送信型性風俗特殊営業は、画像や動画をインターネットで配信する有料動画配信サイトなどに必要な届出です。
無店舗型性風俗特殊営業第1号はデリヘルで、無店舗型性風俗特殊営業第2号はDVDやアダルトグッズなどの物販(通信販売)に必要となります。
これらは「許可制」ではなく「届出制」なので、書類に不備が無ければ特に問題なく届出番号をもらえます。
ただ揃える書類の中で1番難しいのが「営業する場所」に関する書類だと思います。
持ち家であれば何の問題もありませんが、借家であれば大家さんか不動産屋の承諾書が必要になります。
風俗関係の仕事ですから承諾を渋る大家さんも多く、そのため風俗物件を用意している不動産屋さんもあるくらいです。
居住地=仕事場になると申告時に家賃を按分できるので便利ですが、承諾が貰えない場合は専用の仕事場を確保する必要も出てきます。

映像送信型性風俗特殊営業に関してはあくまでも、動画や画像を直接販売する場合です。
アフィリエイトで広告収入を得る場合や、自分で作った作品でも委託で販売する場合には必要ありません。
お小遣い稼ぎにアダルトアフィリエイトをと思っている方には不要な届出となります。

Top